AX

酵素とは何なのか

酵素とはそもそも何なのか、知っておくといいですよ。

酵素ドリンク

酵素とは人間のあらゆる生命活動に関わる、とても重要な生きて働く栄養素なんです。

 

自然界の全ての動物・植物に宿るものですので、生の野菜や果物などをたっぷりと食べる食生活をすることで、酵素を効率よく補給することができます。

 

そして、酵素は『タンパク質に被われた生命物質』と言う事が分かっています。9大栄養素の中で、唯一生きて行動する栄養素なんです。その大きさは1ナノメートル(100万分の1mm)と、顕微鏡ですら見ることができないくらい小さなものです。

 

酵素は私たちの身体の中でも作られていますが、無限に作り続けることはできません。酵素を減らさない為に、酵素を無駄遣いしないようなライフスタイルをとる事が大切です。また食生活に於いても上手に体外酵素を摂るようにしなければなりません。

 

酵素栄養学というものができてまだ歴史は浅いのですが、病気になる最大の原因が「酵素不足の食生活ある」という事が分かってきました。食生活を酵素を中心にするように改善することで、体調不良とも縁を切ることができるはずです。

 

酵素がどういうものであって、どんな働きをしているのか・・・という事を大ざっぱにでも分かっていると、日々の食生活のちょっとした工夫で、酵素を効率良く摂り入れることができるようになると思います。

 

もしもいろいろな事情でそんな工夫ができないようであれば、酵素ドリンクやサプリメントの力を借りれば良いと思います。

 

酵素は48℃以上に加熱すると急激に弱まってしまい、60℃以上で活性を失ってしまいます。酵素ドリンクなどは充填の際に高温殺菌が義務付けられていて、酵素がどうなるのか気になるところです。実は、酵素の中には100℃でも生存するものもありますし、大半の酵素は死滅してしまっても、その死滅した酵素が腸の善玉菌の餌になり、腸内環境を良くすることができます。

 

いずれにしても、酵素に関しては未だ未開拓というのが現状です。現在分かっている酵素の数は3000余程度ですが、実際にはその倍以上有るのではないかと言われています。そして現在もどんどん新しい酵素が発見されて、その働きが研究されています。

 

体内と体外の酵素

酵素は大きく2つに分けられます。私たちの身体の中に存在する“体内酵素”と、食べる物の中に存在する“体外酵素”です。

 

体外酵素は“食物酵素”とも呼ばれているもので、加熱していない食品の中に存在しています。体内酵素は“潜在酵素”とも呼ばれ、代謝酵素と消化酵素に2分されます。

 

分かり易いように表を作ってみましたが、酵素とはこのような分類になっています。体内酵素の代謝酵素と消化酵素ははっきりと二分されているというよりも、それぞれ助け合う関係にあるようで、大量に食事をした時など代謝酵素が消化酵素に変身して消化活動をするという事です。

 

代謝酵素と消化酵素の協力関係は、「食後眠くなるのは酵素が一斉に消化に駆り出されるから」…という事でご理解いただけると思います。

 

その事からも、私たちの身体にとって、食べたものを消化すると言う事は大変な作業だと言う事がよく分かりますね。。。大事な身体に負担を掛けない様な食事をしなければ!ってつくづく思います。

 

酵素

 

体内酵素を減らさない方法

体内酵素を減らさない為の一番の方法は、やはり小食にすることです。

 

最近の酵素栄養学では腹八分どころか、腹六分を推奨しています。腹八分で医者いらずで、腹六分で更に健康で美しく・・・というところでしょうか。

 

体内酵素の代謝酵素と消化酵素は協力関係にあって、私たちが何かを食べるとそれを消化するのに必要な分だけ消化酵素となって働き、他の酵素は代謝の方に回ります。消化に使う酵素が少なくて済むと、代謝に十分な酵素が使われて、肌や身体の各種器官の新陳代謝も滞りなく行われます。

 

また、添加物や揚げ物などの油分の多い食事、大量の肉食なども、その消化に大量の消化酵素が使われるので、体内酵素を減らしたくなければ、ちょっと控える事を考えるべきですね。

 

体内酵素を減らさない方法=体内酵素を無駄遣いしない生活、という事になります。そう言う事を実行していくと、病気にかかりにくく、若々しく元気でいられるようになります。

 

酵素は熱に弱い

酵素の最も大きな特徴の一つに「熱に弱い」というものがあります。

 

生野菜や果物には豊富な食物酵素が含まれています。そのおかげで、私たちが生野菜を食べたとしても、消化酵素を使わずにそれ自身が持っている食物酵素が消化の働きを担ってくれるので、身体に負担をかけずに消化吸収をすることができるわけです。

 

でも、「熱に弱い」という性質がありますので、調理などで熱を加えると食物酵素が死滅してしまいます。熱を加えた野菜や果物は、消化するのに体内の消化酵素を使わなくてはなりません。

 

だからと言って生のものばかりを食べるわけには行きませんので、生食と加熱食を上手に組み合わせて食べるといいと思います。生の野菜の酵素としてよく知られているものに、大根に含まれている「ジアスターゼ」があります。タンパク質を分解するのに良く働く酵素の一つですので、お魚やお肉と一緒に食べるといいですよね。

 

食物酵素がそのまま残っている生野菜やお漬物などは、食事の始めに食べると、消化がよくなって胃にもたれたりすることが少なくなっていいですよ。

 

酵素ドリンクは、テレビや雑誌などでもたくさん紹介されていて、人気もかなりありますが、『酵素ドリンクってそもそも何なの?』と思われる方も多いと思います。

 

でも、その歴史は意外と長くて、1957年に大高酵素が発売した酵素飲料が最初でした。酵素飲料というのはこれが初めてですが、発酵食品というくくりで考えると、味噌や醤油、納豆、ヨーグルトなど、私たちの身の回りには酵素ドリンクの仲間はずっと傍にいたわけですね。

 

話を戻して、酵素ドリンクの疑問点ですが、誰もが考えているであろう疑問点を拾いだし、洗いだして行こうと思っています。
何か調べて欲しい事や問い合わせて欲しい事などありましたら、こちらへメール頂ければ嬉しいです。

 

管理人自身も酵素ドリンクやサプリを生活の中に取り入れるようになって、かなり体調の変化を感じています。元々体重の変化はあまりない方なんですが、肌がキレイになり朝起きるのがとても快適になったり、良い事づくめです。

 

この場でいろいろな疑問点をなくして行く事で、酵素ドリンクのファンが増える事を期待しています(^-^)

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加

酵素とは記事一覧

酵素という言葉は知っていても、その働きなどを知っている人はわずかだと思います。数年前の事ですが、縁があって酵素のセミナーに数回参加したことがあります。それまでの私の酵素についての知識なんて、本当にお粗...

信頼の無添加オーガニック酵素、優光泉↓↓公式サイトはこちら↓↓現在たくさんの酵素ドリンクが巷に出回っていますね。ドラッグストアでも売っていますし、ネットで検索するとたくさんの酵素ドリンクを見つける事が...