AX

酵素ドリンクとオーガニック

オーガニックな酵素ドリンクが理想

酵素ドリンク

信頼の無添加オーガニック酵素、優光泉

↓↓公式サイトはこちら↓↓

優光泉

現在たくさんの酵素ドリンクが巷に出回っていますね。ドラッグストアでも売っていますし、ネットで検索するとたくさんの酵素ドリンクを見つける事ができます。

 

でも中には野菜ジュースと大して変わらないような製品もあるので、選び方は慎重にしないといけません。

 

酵素ドリンクを美容や健康を考えて選ぶのであれば、無添加であることの他に原料がオーガニックに近いものである事は、とても大切な要素だと思います。

 

オーガニックとは

オーガニックというのは“有機の”という意味です。辞書で調べてみたら、化学肥料や農薬などを使用せず有機肥料によって生産された農産物のことを示しています。太陽や水、土の中の微生物などの自然の恵みを生かした生産方法です。
また、食品での“オーガニック”とは、保存料や着色料などの添加物等が入っていない、安心で安全なものという意味です。
無添加の酵素ドリンクなら、胸を張ってオーガニックな酵素ドリンクと言えますね!

 

ほとんどの無添加の酵素ドリンクは60種類以上の野菜や果物を使用していますが、その全てをオーガニックなものにするというのは、日本の農作物の現状から考えてかなり大変な事です。

 

また有機栽培の原料にこだわり過ぎるととても高価なものになってしまって、必要な人が手に入れることが難しくなってしまってはいけません。

 

できるだけ有機栽培に近いもので安全な国内産である、という事に特化したものが大切な要素だと思います。原料となる野菜の残留農薬のチェックはちゃんと成されていますので安心して頂きたいと思います。

 

そしてもう一つ大切な事は放射能チェックですね。優良な酵素ドリンクは、原料の野草・野菜・果物を、九州産に限定しています。九州産なら安心ですが、放射能チェックもしています。

 

酵素ドリンクを作る際、例えば大根を原料にする時には大根の葉っぱや皮、ヒゲ根までちゃんと入れます。ゴボウや人参の皮にもたくさんの栄養が含まれているのでそのまま使われています。

 

どこも捨てずに日本古来の『一物全体』の考え方を基本に、野菜そのものの全てのエネルギーを頂くというコンセプトで製品が作られています。

 

優光泉

 

信頼の無添加オーガニック酵素、優光泉

↓↓公式サイトはこちら↓↓

優光泉

 

オーガニックでないといけない理由

オーガニック

オーガニックでない酵素ドリンクの場合、裏のラベルを見て頂けたら分かりますが、防腐剤や甘味料、着色料、香料などが入っています。これらは、私たちの身体にとって不必要なものです。

 

不必要なものが身体に入ったら、当然これを排出しなければなりません。その為に無駄に代謝酵素を使ってしまうんです。脂肪を燃焼するために使えたかもしれない大事な代謝酵素です。

 

代謝酵素は細胞の新陳代謝や脂肪の分解などに働いて欲しいのに、ドリンクに入っている添加物を排出するために使うのでは、酵素ドリンクを飲むこと自体が無意味になってしまいます。

 

無添加の酵素ドリンクは、そうではないものに比べてほんの少しお値段が高いだけですが、効果ははるかに高いです。選ぶなら、やっぱり無添加ですよね!無添加の酵素ドリンクはオーガニックな酵素ドリンクなんです。

 


人気のオーガニックな酵素ドリンク

オーガニックな酵素ドリンクとして、一番人気なのが優光泉です。

 

現在たくさんの酵素ドリンクが発売されていますが、優光泉ほど良い口コミの多い酵素ドリンクはありません。味といい、お値段といい、これ程万人に向いている酵素ドリンクはないと思います。悪い口コミを探してみたんですが、どんなに探しても見つかりません^^;

 

我が家でももう数年定期コースで購入しているんですが、毎月届くのが待ち遠しい存在なんです。オーガニックであって美味しい酵素ドリンクは優光泉しかないと思います。

 

優光泉

 

信頼の無添加オーガニック酵素、優光泉

↓↓公式サイトはこちら↓↓

優光泉

 

優光泉は楽天でも総合ランキング1位を獲得したほどの人気商品です。
でも、一番安く購入できるのが公式サイトなので、公式サイトからの購入をお薦めします。定価より最大2,700円安く購入できるのは嬉しいです^^

 

優光泉

 

そしてもう一つ!
他の酵素ドリンクにはない返金保証があるんです。それは「美味しくなければ返金します」というものです。品質にも味にも自信があってのものですね。

 

優光泉

ページTOPへ

  このエントリーをはてなブックマークに追加

オーガニックな酵素ドリンクを関連ページ

酵素の5つの特徴