AX

酵母と酵素の違いは?

酵母と酵素の違いは何でしょうか

酵母の英語表記は『zyme』で、酵素は『enzyme』です。酵素は酵母の中にあるという、ギリシャ語が語源のようですね。

 

この語源からも分かるように、酵母の中には酵素が含まれています。酵母は目に見えない程微細な単細胞の生き物で、酵母自身が活動するために必要な酵素を身体の中にたくさん持っています。

 

「それなら酵素を摂るためには酵母を摂ればいいんじゃない?!」と思われるかも知れませんが、どうやらそう簡単ではないようです。なぜなら、酵母の中の酵素は酵母にとって必要な酵素なのであって、どうやら私たちの身体の中で生きて活躍する酵素とは違うようなんです。

 

酵母は私たちの生活になくてはならない存在で、酵母がなければ味噌醤油やお酒類を作ることさえできないほどですが、酵素とは違う存在なのです。

 

酵母とは

酵母は、直径わずか5〜10ミクロン程の単細胞の微生物で、自然界のあらゆる場所に生息しています。特徴として、食材に含まれる糖をアルコールと炭酸ガスに分解することができます。これを発酵と呼んでいます。

 

こういった酵母の特性を活かして、日本酒や味噌や醤油、納豆やチーズなどの発酵食品が作られているわけなんです。酵母なくしては発酵は有り得ないのです。

 

そして、この酵母にはたくさんの種類があって、日本酒の酒蔵やみそ製造工場の味噌蔵には、それぞれ独自の酵母があって、味の決め手になっているんです。

 

酵母によって作られた無添加酵素ドリンクランキングはこちら

 

酵素とは

食品に含まれている酵素は、酵母の発酵によって作られています。酵素ドリンクを作る時にも、たくさんの食材と酵母と酵母が働くのに必須となっている糖質を加えて、長時間発酵させて作られます。

 

酵素ドリンクの酵素は、酵母によって作られているのです。

 

そこできちんと理解していただきたい点は、私たちの体内酵素は酵母とは無関係だということです。

 

私たちが生きていく為に必要な酵素は、腸の中の善玉菌によって作られています。良い腸内環境があって初めて代謝酵素が作られるのです。“酵素”という呼び名は同じですが、酵母が作り出す酵素とは似て非なるものなんです。

 

当サイト内でも幾度となく記載していますが、酵素ドリンクは酵素が入っているものではなく、体内酵素を作るために役立つものなんです。

 

酵母によって作られた無添加酵素ドリンクランキングはこちら


  このエントリーをはてなブックマークに追加