無添加の酵素ドリンクについて

無添加の酵素ドリンクを薦める理由

酵素ドリンク

酵素ドリンクが出始めた頃は、ほとんどが無添加のものでした。酵素ドリンクの良さが認められるようになるのと比例するように、いろいろな酵素ドリンクが巷に溢れるようになってくると、中にはまるでジュースのようなものまで出現してしまっています。

 

本来の酵素ドリンクですと、酵母や酵素の働きがあるので保存料なんて必要ないし、色素も甘味料も必要ないんです。それどころか、保存料を添加することで酵素の力を弱くしてしまうのです。

 

身体にとって不必要な添加物を、体外に排出するために酵素が働く必要ができてしまうわけなんですよ。

 

酵素ドリンクとして本物ではないから、添加物を入れないと商品にならない・・・というのが、本物の後にたくさん出てきた酵素ドリンクの実態だと思います。

 

酵素ドリンクに限らず、本物は全て添加物を含まずに作られています。ハムやウィンナーなどの加工食品でさえ、本物は添加物を入れずに作られていて、本当の美味しさと食の安全を追求しているものです。酵素ドリンクだって例外ではないわけです。